信頼から始まる、一歩先ゆく未来 サポート力に自信があります。 長野県内の遺言・相続は古谷行政書士事務所

HOME » 相続の基礎知識 » 特別受益

特別受益

 相続人によっては、被相続人の生前に資金の援助を受けたり、贈与を受けていることがあります。そのような場合、他の相続人とのバランスをとるために、その資金援助や贈与を遺産の前渡しとみなし、相続財産、相続分を計算する制度のことを特別受益といいます。具体的には、特定の子どものみ私立大学の医学部に進学し、学費を負担してもらった、独立開業にあたり、資金を出してもらった、結婚の際支度金をもらったなどが考えられます。ただし、被相続人が遺言でこれらの贈与を特別受益としないことや、相続分とは別に遺贈をするような意思表示をしている場合はそれらが優先されます。

お問い合わせはこちら

古谷行政書士事務所
所長 行政書士 古谷 豊
所在地 〒381-2215 長野市稲里町中氷鉋2079
TEL:026-274-5862
FAX:020-4665-8753
E-MAIL:officefuruya@gmail.com
営業時間 9時30分~18時 土日祝日休み 
E-mail相談、FAXは24時間受付 TELは9時30分~18時まで受付

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab