信頼から始まる、一歩先ゆく未来 サポート力に自信があります。 長野県内の遺言・相続は古谷行政書士事務所

HOME » 相続こんな場合はどうする » 負担付遺贈を断りたい

負担付遺贈を断りたい

 遺贈に「自分が死んだ後は、妻の面倒をみること」といった条件がついたものを負担付遺贈と言います。負担された条件が履行できない場合、断ることもできます。特定の財産を遺贈する「特定遺贈」の場合は、相続人や遺言執行者に通知書などで意思表示すれば、いつでも断ることができます。遺産の全部または一定の割合を遺贈する「包括遺贈」の場合は、遺言者の死後、遺贈を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所で放棄の申立てをする必要があります。

お問い合わせはこちら

古谷行政書士事務所
所長 行政書士 古谷 豊
所在地 〒381-2215 長野市稲里町中氷鉋2079
TEL:026-274-5862
FAX:020-4665-8753
E-MAIL:officefuruya@gmail.com
営業時間 9時30分~18時 土日祝日休み 
E-mail相談、FAXは24時間受付 TELは9時30分~18時まで受付

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab